教えて!医療脱毛のあれこれ

脱毛、というとまずエステで行うかクリニックで行うか迷うのではないでしょうか。クリニックで施行される所謂医療脱毛とはどういうものか、そしてエステで施行される脱毛とはどう違うのか、ここではそこをフォーカスしていこうと思います。まず医療脱毛とエステ脱毛の違いは、前者は毛の根元にある毛乳頭という細胞を破壊して毛の発毛自体を止めるという方法です。エステ脱毛との違いは、この細胞を破壊する行為が法律で医療行為として認められていることです。

対してエステ脱毛は細胞を破壊するのではなく、段階的に少しずつダメージを与えていく方法です。医療脱毛は、医療機関でしか扱うことが出来ない強力なレーザーを使い照射していき、医師の診断や相談の元で行われるものです。また、毛には毛が生えるサイクルを表す毛周期というものがあります。この毛が生え変わる周期に合わせて脱毛することで、より効果的な脱毛効果を得られるのです。

医療脱毛では医療観点からこの毛周期のサイクルを考慮し医師が患者に適切な照射スケジュールを提示し短い期間で少ない照射回数で脱毛を行えるサポートをとっています。脱毛というと気になる点として、施行に伴う痛みについて触れておきましょう。エネルギーの強い照射で施行する医療脱毛では、この点においては強い痛みを伴うのは当然と言えます。肌の弱い方や痛みに敏感な方はその痛みに驚くかもしれませんが、クリニックによっては麻酔なども使用できる所もありますので、あまり過度に心配する必要はないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *