医療脱毛の種類と特色

医療脱毛は、皮膚科や美容外科で施術をしている所があり、違いはほとんどないと考えて良いです。

医療脱毛の種類には、レーザー脱毛と針脱毛があります。レーザー脱毛は、レーザーが黒い色素に反応する性質を利用したもので、黒い毛に熱が吸収され毛包全体に熱が加わり毛母細胞を破壊します。そのため日焼けした肌やしみなどにはレーザーが強く反応してしまうため、やけどの危険があり施術出来ません。また色が薄い白髪や産毛には不向きになります。毛量が多い部分ではレーザーが吸収される量が多くなるため、痛みが強く出てしまいます。

レーザー脱毛のメリットは2cm程の範囲を一度に施術できるため、施術時間が短くて済みます。もう一つの針脱毛は、針を毛穴に挿入して電流を流す事で毛乳頭を破壊します。痛みは針を挿入する時と電流を流す時にありますが、麻酔などで対応してくれます。1本ずつの施術のためレーザーよりも時間が掛かりますが、効果はレーザーよりも高くなります。

以前は火傷や色素沈着する事が多かったのですが、現在では肌に接触する部分が絶縁になっているためその心配はなくなりました。1本ずつなので、白髪や日焼けしていても施術が可能になります。針脱毛は脇の下や眉毛などの太い毛に向いていますので、それぞれの特徴を生かして使い分ける医療機関もあります。両方を施術している所と片方のみ施術の医療機関がありますので、事前に確認する必要があります。どちらの医療脱毛でも永久脱毛が可能ですので、医師のカウンセリングを受け自分に適した方法で受ける事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *