永久脱毛についての定義とは

永久脱毛と聞くと多くの方は、永久脱毛を行なえば、完全に2度と毛が生えてこなくなると考える人が多いと思いますが、それは間違った認識です。

脱毛方法には、病院やクリニックなどの医療機関で医療用レーザーによる脱毛と脱毛サロンやエステサロンで行なっている光脱毛とがあり、そのほかにニードル脱毛があります。医療用レーザーの場合には、毛根の毛乳頭の細胞をレーザーにより破壊し毛の再生を抑えます。サロンなどの光脱毛の場合には、光の出力を抑え毛根にダメージを与え毛の再生を抑えることとなり、細胞を破壊する医療行為は、法の定めによりできないできないこととなっているうえ、永久脱毛という言葉も使用できません。

そもそも永久脱毛とは、米国電気脱毛教会による脱毛の施術終了後、1ヵ月経った時点で毛の再生率が20%以下であるという定義に基づいています。医療機関で行なう医療用レーザーでは、この再生率が低く長期的な脱毛の効果が得られるということとなります。

サロンなどでの光脱毛でも、回数を重ねることにより同様の効果を得られますが、再生率が高く持続性に違いがあります。いずれにせよ、2度と再生されないわけではなく、この持続性に大きな違いがあることを理解する必要があります。最も効果的な脱毛はニードル脱毛ですが、痛みや時間がかかることのほか莫大な費用がかかるので、全身脱毛には適さないので、レーザーで脱毛しにくい部分などの部分使用することで永久脱毛に相応しい脱毛が実現できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *