永久脱毛ができない場合は?

脱毛に挑戦したいと思っている人は、ムダ毛のないつるつるの肌になりたいと、思っていることが多いのですが、脱毛に行っても、永久脱毛することができる場合とできない場合があります。

よく宣伝を見かける脱毛サロンやエステサロンなど、サロンでの脱毛は光脱毛と言って、ムダ毛の毛根にあるメラニン色素の黒い色に反応する光を肌にあてることで、光と黒い色素が反応して熱に変化し、熱で毛を作る働きがある組織にダメージを与える脱毛方法で、ムダ毛を細く、柔らかい産毛のような毛にしていく効果が目的なので、ムダ毛が生えてこない状態を指す永久脱毛をすることができません。

回数を重ねるほど、ムダ毛が目立ちにくくなるため、永久脱毛に近い状態にするという理解をするとよいでしょう。毛穴から毛が生えてくることがなくなる永久脱毛をすることができるのは、美容皮膚科や美容外科など美容系のクリニックで行う医療レーザー脱毛です。医療レーザー脱毛は、サロンで行う脱毛とムダ毛の毛根にダメージを与えて脱毛する仕組みは同じですが、強いパワーのレーザーを使うことができるため、毛根を破壊することができるところがエステの脱毛との違いです。

毛根を破壊するため、破壊された毛根の毛穴からは毛が生えてくることがなく、永久脱毛をすることができるのです。医師が常駐する医療機関でなければ、レーザーを使うことが許されていないため、ムダ毛が生えない美しい肌になりたい場合は、クリニックの医療レーザー脱毛を受ける必要があります。
銀座・吉祥寺で永久脱毛のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *